Penyanyi : a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z #

lirik lagu 十六夜ゐ雪洞唄 – 徒然なる操り霧幻庵(cv:早見沙織、松井恵理子、潘めぐみ)


燃(も)ゆる月 道の果て
灯(とも)る雪洞(ぼんぼり)に揺り揺られ
歌え踊れ 今宵(こよい)は宴(うたげ)

祭の太鼓が鳴る しらべ

化作(けさ)の迷い言葉
現世(うつしよ)に紅(べに)をさす
『胸焦がした旅情(たびなさけ)も 今や忘る頃か?』
説破(せっぱ) いまだこの身は
悟るには宵の口
忘るるものか 忘るるまいぞ
溶いた白粉(おしろい)に隠す

然(しか)らばあばよ 人は誰も
一人遊びの 独楽(こま)なれど
流したん泪のこゝ(こ)ろは
うつりゆきゆかぬ

咲き乱れ 舞い踊れ
数多(あまた)の雪洞(ぼんぼり)が揺り揺れる
今宵(こよい) 呑(の)めや歌えや 酔いの果て
醒(さ)むるるものか 醒(さ)むるまいぞ
鳴らす鬼太鼓(おんでこ)のバチ乱れ
今宵(こよい) 月は美(み)な瞳瞳(とうとう)と
満ちる十六夜(いざよい)の宴(うたげ)よ
踊れ日の出がさすまで

出会う友の姿 彼方(かなた)より来たる在り
『ともすれば、これも一会(いちえ)か』
心予(こころあらかじ)めた
切った張った 喧嘩独楽(けんかごま)
鳴らせ 囃子(はやし)の鼓(つづみ)
負(やぶ)るるものか負(やぶ)るるまいぞ
童心地(わらべごこち)に応える

尽きらばままよ いざ身投げも
厭(いと)うことなく 悔いも無し
あるいは これこそが果てなら
鼓動(こどう)の高鳴る

散りぬるは かの夢か
我が世ぞ 天元(てんげん)の常ならむ
今宵(こよい) 色は匂えど 月見れば
止(や)むるるものか 止(や)むるまいぞ
御形(ごぎょう) 弁天(べんてん)の裾乱(すそみだ)れ
今宵(こよい) 夢は美(み)な煌々(こうこう)と
燃ゆる片時(かたとき)の命よ
歌え 日の出がさすまで

語る言葉 故語(ゆえかた)れど是非(ぜひ)も無く
歌うことは 故言(ゆえい)わねど身を寄せぬ
いざ明(あ)くるまで 今宵(こよい)は宴(うたげ)
二度のない 刹那(せつな)のしらべ

はぐれた人はいまいずこか
風の便りも わからねど
流したん泪(なみだ)のこゝ(こ)ろは
夜風(よかぜ)にさまよう
然(さ)る人を想う

眺(なが)むれば 天(あま)の川(がわ)
数多(あまた)の雪洞(ぼんぼり)が揺り揺れる
今宵(こよい) 呑めや歌えや 酔いの果て
醒(さ)むるるものか 醒(さ)むるまいぞ
鳴らす鬼太鼓(おんでこ)のバチ乱れ
今宵(こよい) 月は美(み)な瞳瞳(とうとう)と
満ちる十六夜(いざよい)の宴(うたげ)よ
踊れ日の出がさすまで


| kumpulan lirik lagu %e5%be%92%e7%84%b6%e3%81%aa%e3%82%8b%e6%93%8d%e3%82%8a%e9%9c%a7%e5%b9%bb%e5%ba%b5cv%e6%97%a9%e8%a6%8b%e6%b2%99%e7%b9%94

Disclaimer: lirik lagu 十六夜ゐ雪洞唄 - 徒然なる操り霧幻庵(cv:早見沙織、松井恵理子、潘めぐみ) adalah properti dan hak cipta oleh pemilik / pencipta, dan disajikan untuk tujuan edukasi, promosi dan untuk penggunaan pribadi.


lirik lagu lainnya: