lirikcinta.com
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 #

lirik lagu さても天晴 夢桜 (satemo appare yume zakura) – 山口美央子 (mioko yamaguchi)

Loading...

[verse 1]
真っ赤に熟れてる ほおずき ひとつ
あなたの背中に 入れてみた
金襴緞子の 向こうに揺れる
恋路の行方を かすめみる

人目を忍んで こうして二人
手の平合せて 隠れ雲
いつとは知れなや 追手の風に
吹かれて仰いだ 夢桜

[chorus]
花が咲いたよ この世の花が
宵の晴れ間に 見渡すかぎりに
どうせ散るなら 浮世の習い
うかれうかれて さても天晴に
天晴に
天晴に
[verse 2]
ぽとりと落とした かんざし ひとつ
あなたの背中に 戯れて
だらりの帯から のぞいた小路
笑った拍子に 片えくぼ

夕暮燃え立つ 二人の影は
墨染め絵模様 恋枕
愛しいあなたの 腕の中で
描いた闇夜に 夢桜

[chorus]
花が咲いたよ この世の花が
問わず語りに 聞かせてやろうか
どうせ散るなら 浮世の習い
うかれうかれて さても天晴に
天晴に
天晴に

[outro]
花が咲いたよ この世の花が
宵の晴れ間に 見渡すかぎりに
どうせ散るなら 浮世の習い
うかれうかれて さても天晴に
天晴に
天晴に