lirikcinta.com
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 #

lirik lagu 0314 – 山崎あおい

Loading...

春の日が落とす影が
小さくふたり分揺れていた
君は僕にそっと 想いを預けて

恥ずかしげに笑ってた

あの人見つめてる僕に
気づいているから 冗談っぽく
君の優しさが 傷にしみてきて
思わず胸を押さえた

君に恋して ただうなずいて
それだけで届く幸せ
だけどどうして 心はどうして
うまくいかなくて

桜色に染まる僕の顔を
どんな顔で見つめていたんだろう
ずっと満たされない
でも消えてくれない
じりじり渇いて枯れるだけ

桜色に染まる君の顔を
きっと何年後も思い出す
溢れ出した切なさ
僕にうつる寂しさ
ずっと忘れられないよ

昔からいつだってこうだよ
ほしいのは掴めないものばかり
ああ 似合わない服や人に
焦がれてはいつも泣いてた

どうせ僕も 叶わぬ恋だろう
諦められたら幸せ
だけどどうして 心はどうして
うまくいかなくて

桜色に染まる君の顔を
きっと何年後も思い出す
溢れ出した切なさ 僕にうつる寂しさ
ずっと忘れられないよ

季節の隅 隠れて
儚く散る 片思い
どうして黙ってるんだろう
熱くなった目で 見つめられたって
冷めてる鼓動が 悲しくて

桜色に染まる君の顔を
きっと何年後も思い出す
溢れ出した切なさ 僕にうつる寂しさ
ずっと忘れられないよ

季節の隅 隠れて
儚く散る 片思い