lirikcinta.com
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 #

lirik lagu pride – sanari (さなり)

Loading...

乾いた朝の中いつまでも夢を見ている
信じたいように信じてればそれでいい?
黒く染まった空を見ていた僕は
君の瞳に映した輝きごと揶揄った

pride

色のない世界にうんざりして
唯一自由な想いすらも
捨てて僕はそう 罪を重ねた
それも自分ごと騙して

いつまでも夢の中
迷いがないのは影を知らないから
出会えたのは建前だけだから
知りたくないことばかりだ
鏡の前
(who do not know)
誰かの声
(who do not know)
忘れさせて
(i’m the only one here)
僕はもういない

乾いた朝の中いつまでも夢を見ている
信じたいように信じてればそれでいい?
また誰かの言葉に惑わされ
過ぎていく日々を眺めていた
そんな事をただ嘲笑っている

モノクロの先に待っている
輝きを色を傷を知りたい
強く欲したって 何者でもない
僕が僕をそっと殺した

怠惰にみせたプライドが
僕の首を絞めて
白く染まる心だけを眺めた
憤怒をみせて ただ僕はそう怠けた
鏡の前
(who do not know)
誰かの声
(who do not know)
忘れさせて
(i’m the only one here)
僕はもういない

乾いた朝の中いつまでも夢をみてる
いつだって僕ら一つだけを選んで
遠くへといく僕の声
火を消す前に声枯らせ
誰もいなくなるまで

pride

source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/sanari/pride/